風俗嬢が自宅やホテルにくるまでのこと

大昔より京都は山に囲まれた盆地でした。

土壌も豊かで水質にも恵まれていました。

だから質の高い食材を得られたのです。

またグルメだけでなく風俗も盛んです。

特に京都南インター周辺は人気のデリヘル嬢を派遣してくれる店舗が多いです。

今回は【京都の「おばんざい」とデリヘル嬢が自宅やホテルにくるまでのこと】についてご紹介します。

■京都おばんざい……京都観光に来たら食べたいのは京都の家庭料理「おばんざい」です。

一品一品丁寧に作り上げたおばんざいはカウンターに並べられます。

色味や形が褪せないように手間をかけた調理法でつくられます。

お腹を満たしたあとは、いよいよ風俗です。

■デリヘル嬢を派遣してもらったらどのような準備をしておけばいいのでしょうか?

予約の再確認をすればあとはプレイ時間を待つだけ。

チャイムが鳴ると指名した女性が目の前に立っているはず。

■京都南インターの場合はラブホテルを利用することが多いです。

この場合にはプレイ時間の少し前にラブホテルへひとりで入ります。

観光地のホテルでもあるので、予約ができるところもありますので観光客で満室になる前に、上手に利用しましょう。

※こちらも注目→http://www.j-cast.com/tv/2016/02/01257161.html

先にチェックインします。

その後、デリヘル店にラブホテルの名前と部屋番号を伝えます。

デリヘル店もラブホテルも京都南インターにあります。

■数分で女性が到着します。

女性を迎えいれたら、まずは料金を支払いましょう。

注意することは利用料金をぴったりの額で用意することです。

デリヘル嬢は店舗を持っていません。

お釣りを意図的に用意していないことがあり、男性はついつい「お釣りはいいよ!」と言ってしまいがちなのです。

Comments are closed.